『杉』システム構築

          
システム構築の手順≪解説≫
@  最初にランタイムファイルをダウンロード。  ファイル名"Cw3220.dll"(233,472バイト)。これがないと,次にダウンロードする「システム構築プログラム」が動きません。
 フォルダはどこでもかまいませんが,A同じフォルダに入れてください。
A @同じフォルダシステム構築プログラムをダウンロード。  ファイル名"sg1loader.exe"(4,626,582バイト)。『杉』システムお試し版と,見本データ集(『杉』システムを実行するときに参考にしたり,引用する)を内蔵しています。
B  システム構築プログラムを実行。  「マイコンピュータ」などで@Aを置いたフォルダを開き,sg1loader.exeをダブルクリックすると,あなたが今お使いのコンピュータに『杉』システムが構築されます。

 
ホームへ戻る